« やはりヒーローは不滅なのだ | トップページ | 大掃除 »

2004.12.26

災年サル

空
 来週末はいよいよ来年.災いはこれを最後に終わってもらいたいもんだ.
 
 新潟中越地震で不通になっていた上越新幹線だが,復旧工事が終わり試験走行が始まっている.明後日には開通するらしい.新潟では被災者全てが避難所を引き払い,何とか屋根の下に入ることができたようだ.今年は暖冬で雪の降り始めが遅かったのが幸いしている部分もあるだろう.
 
 このところ天災・人災織り交ぜて,また私的には公私取り混ぜて,なかなかに大変な一年であった.年の初めから親が入院したり,手術をしたり,4匹の飼い猫が立て続けに死んでしまうわ,仕事の知り合いが酔っ払って事故死するわ,またまた親が入院して手術するわ,年末に親戚が病気で急死するわ…….
 
 先日のニュースで「今年を表す漢字」ということで「災」が選ばれたと報じられていた.
 
 相変わらずイラクをはじめとして中東はきな臭いままだし,米軍の駐留は続きそうだし,来年は増税だと云っているし,いよいよ私は介護保険料を払い始めなくてはならないし…….
 
 あなたの今年はどんな一年だっただろうか.私の場合,まるで自分を中心にして災いが次々に起きているように感じられる一年であった.が,気づいたことが一つある.
 
 私自身に直接関係する「災」は起きていないのだ.これは果たしていいことなのか,それとも悪いことなのか.このまま何事もなく「災いの年」が過ぎてくれるなら,そして世の中が明るくなってくれるなら,どんなにか素晴らしいことだろう.
 
 災年が終わろうとしているこの期に及んで,スマトラで地震が起き,津波の被害が届き始めている.死者の数は増加する一方だ.そういえばこのところ,新潟中越地震以降の日本国内で小さめの地震がポコポコと起きている.時あたかも満月を明日に控え,どことなく不吉な感じがしないでもない.
 
 いよいよ私自身に災いが降りかかろうとしているのか,それともこれで終わるのか,いずれにせよ,先ずはじっくりと考える姿勢だけは崩したくないと思う.
 
 今年は申年だ.災いが去る年であってもらいたい.
 
 

« やはりヒーローは不滅なのだ | トップページ | 大掃除 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs