« 仕事のできない仕事場って | トップページ | ほうじ茶をつくる »

2004.12.14

麻のタオル

 麻のタオルを使っている.硬くて乾くとごわごわで,肌触りが決していいとは云えないのだが,吸水性は抜群だ.乾きも早い.厚手で大きめのものはバスタオルのように使える.髪の毛を簡単に拭きあげることができる.しかし難点がある.

 洗濯の時に細かいケバが出るのだ.

 うっかりワイシャツと一緒に洗ってしまうと大変なことになる.ワイシャツにケバがたくさん付着する.タオルのケバとワイシャツの布の色がほとんど同じなので,見た目はわからない.しかし暗色のジャケットだと襟にケバがついて目立ってしまう.今日はそれをやってしまった.鉄紺のスーツを着て,一番上は革コートというかっこうで出かけた.

 会社に到着してコートを脱ぐと,ワイシャツに付着していたタオルのケバが,スーツの表面にまで付着していたのである.スーツとワイシャツの間にあるベストにも同様に.これは実に恥ずかしい状況.慌ててはたいたりつまんだりして取り除いた.

 それにしても,リネンのケバというのはいつまで出続けるのだろうか.タオルはかなり使い込んで何度も洗っては干し――を繰り返しているので,それなりに柔らかくなりケバだって落ちていると思うのだが,相変わらず同じペースで出続ける.洗濯のときにタオルとワイシャツを別にすればいいのだが,洗う回の都合で一緒になることが半々くらいある.

 一緒に洗ったときはケバがつくので,アイロンがけのときに必ず掃除用の粘着シートなどを使ってケバを取り除くのだ.しかし,今回はそれを忘れてしまった.ケバの出ない麻のタオルはないものだろうか.

 コートを脱いだ下がケバだらけ――というのはみっともなくて困るが,それよりも何よりももっと困るのは,両手に重い荷物を持って地下鉄駅の階段をのぼっているときに,ケバを鼻から吸い込んでしまって鼻の中がカユイやらクシャミが出そうで出なくて涙と鼻水が出て……という状況である.誰か助けて,と云えないし.
 

« 仕事のできない仕事場って | トップページ | ほうじ茶をつくる »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs