« 破綻した部屋を救うには | トップページ | 正月飾り締め切り日 »

2004.12.29

冬眠図書館御用達

平年より4日早い東京の初雪
 体の調子が悪くて,歩くのもつらいけど,どうしても出かけなくてはならなくて――と,息切れしながら宵の口の銀座を歩いて,用事を済ませて,三越前で待ち合わせしていた家人と一緒に松屋銀座に入った.
 
 お腹が空いたり血糖値が下がったり体を冷やしたり寝不足だったり精神ストレスがかかると,覿面(てきめん),体調が悪くなる.心臓がきちんと動いてくれなくなるので,結果,酸欠になってしまう.困ったもんだ.
 
 こんな調子だから外で食べる気がしなくて,でもコロッケを食べたい.ということで地階で惣菜を物色.朝のパンも.
 
 このときは家人が「少しだけ何か温かいものを食べたほうがいい」と云うので, Soup Stock TOKYO があったので「ここで食べよう」と連れられて入った.普通だったら,こんな小洒落たイート・インには入らないのだが,家人が一緒だったら……と.
 
 体を温めるメニュー.酸辛湯(さんらーたん)にした.
 
 悪くない.いや,悪くない,じゃなくて,いい.うまかった.熱くて美味しい酸辛湯をぼそぼそと食べながら,隣席の女性ふたり連れが「村上春樹が……」とか「宮部みゆきが……」と話しているのを聞きながら,家人と黙りこくってスープを食べていた.でも,悪い雰囲気ではない.店の内装デザインは流行りのカフェ風で,働いているお嬢さんたちもそんな感じで,中年男が一人で入るには勇気が要る店ではあるが,こういう雰囲気,悪くない.
 
 おすすめです.
 
 食べたあとも体調は相変わらず悪かったが,少し楽になったような気がする.店を出てから隣の浅野屋で朝食パンを,並びのアールエフワンでカニクリームコロッケを買って帰った.
 
 帰り道の銀座一丁目駅で地下鉄を待ちながら,そうか,クラフトエヴィング商會の「冬眠図書館」で出すようなシチューは,きっとああいう温かさなんだろう,と考えていた.『じつは、わたくしこういうものです』の「シチュー当番」はお気に入りの一篇.

 帰宅して食べたパンとコロッケも美味しかったです.
 

« 破綻した部屋を救うには | トップページ | 正月飾り締め切り日 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs