« 東京静止空間とは | トップページ | 3という数字 »

2004.12.06

カカトが抜ける

 とうとう靴下の踵が抜けた。朝、家を出たときに変だな、とは思っていたのだが、やはり抜けたか……。

 足の裏によく汗をかく体質なので、踵がヒビやアカギレになったことはないが、とにかく靴の中底と靴下へのダメージが大きくて困る。同じ靴は続けて履かないというのは当然としても、靴下は薄手のものが履けない。

 イタリアで買ったミッソーニの靴下を喜んで履けたのはつかの間、帰宅して見れば見事に両足の踵が抜けていた。1回で廃棄──というのは悔しいので、綺麗に洗って小物入れの袋にしてしまった。外にマウスを持ち歩くときなどで活躍している。

 薄いものや高価な靴下はダメである。もったいなくていけない。薬局の店先にぶら下がっている「4足1000円」でないと、靴下貧乏になってしまう。しかしこれら安価なヤツらは短いのだ。仕方ないけど。

 ズボンの裾からスネが見えるのは嫌いなので、やむなくソックタッチでとめている。靴下止めのノリは女子高生だけのアイテムではないんだよ。ビジネスマンの脛毛は見られたもんじゃないから、ハイソックスを着用しない方はお試しを。

 冬になれば厚手の靴下でもかまわないので、無印良品のスポーツハイソックスなぞが履けるようになる。これはソックタッチがいらないし温かい。何しろ耐久性に優れている。

 もちろん、色は黒か紺。常識だよね。
 

« 東京静止空間とは | トップページ | 3という数字 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs