« 片手打ちの心地好さ | トップページ | 月刊ランティエ創刊 »

2004.12.23

はなざかり

咲き乱れるサザンカ
 カニシャボが満開を迎えているが,自宅裏の畑との境にあるサザンカも満開である.今年はどこもサザンカがよく咲いている.隣県の中部に住まう親戚のところへ遊びに行ったら,そのお宅のカニシャボもまもなく咲こうとしていた.我が家は鮮やかなピンクだが,こちらは白と薄紅.親戚曰く,今年はやけに花が多いし,サイズもでかい.サザンカの咲き方も異様な感じだ――とのこと.
 
 地震の前兆かもね,と云ったら同行の家人に叱られた.災害の多いこのごろでは冗談にならない.
 
 天皇誕生日の今日,あと一週間ちょっとで今年が終わる.クリスマス・イブ・イブと世間では云っているが,こういう年の瀬の貴重な休日には掃除や年賀状ではなく,ひとりで静かに考え事をする時間にしたいものだ.でなければ親しい人たちと,ゆっくりと話をしてお茶を飲んで…….今日はそんな一日だった.
 
 夕方からは風が冷たくなり,手袋を持ってこなかったことを後悔しつつ家路に着いたのだった.電車の扉が開くたびに,頬を切るような風が車内に吹き込んでくる.ようやく「冬」がやってきたような実感を持てる.
 
 帰宅してみると,我が家のカニシャボはますます咲き乱れていた.葉先に出てきていた小さなつぼみも着実に大きくなりつつある.先日は「しばらく楽しめるだろう」みたいなことを書いたが,何かの前兆現象としてあちこちのシャコバサボテンが咲き乱れているのだとしたら……と考えると,手放しで楽しむ気分にはなれないな.
 
 結局のところ,いまはわからないが,半年後にはその結果がわかっているだろう.ああ,あのときの花はこれを知らせようとしていたんだ,って.
 

« 片手打ちの心地好さ | トップページ | 月刊ランティエ創刊 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs