« わすれもの | トップページ | 毎日の三原則 »

2005.02.09

2004年度第5四半期

アオゾラ

【追記:2010年1月6日】このエントリは会計分野における第5四半期について書いていません。会計分野における第5四半期については次のエントリが役に立つかもしれません。

第5四半期報告書-独学で公認会計士試験に合格した学生のブログ
第5四半期報告書の提出 - Recent Topics@MBCS

//追記おわり//

 一日にできることなんて,ホントに少ないもんだな.
 
 仕事が立て込んできて,どうにも難しい状態になりつつあるので,一旦ブレーク.やりかけの仕事などすべて放り出して,スケジュールの再確認と調整をおこなった.ここに出してしまうと少々問題があるので,詳しくは書けないのだが,仕掛かり中やら何やらを数え上げてみると,だいたい20個のプロジェクトが6月頃までつながっている.
 
 う~ん,大丈夫なんだろうか.大丈夫じゃないかな.
 
 「ガント・チャート」と呼ばれるグラフを使って,複数の仕事を管理したり予定を立てたりしている.毎日の具体的な仕事は,そのガント・チャートからCLIEのスケジュールソフト( =スケジューラ )に書き込んでいっている.たとえばある日の予定は――
 
 10:00~11:00 メールチェックと各方面調整
 11:00~13:00 ○×システム要件定義(その3)
 13:00~14:00 昼食
 14:00~17:00 ▽△デザインテンプレート設計
 17:00~18:00 保守作業
 
 ――てな具合.
 
 必要なところでCLIEのアラームを鳴らしているので,約束忘れがなく安心していられる.全ての仕事はこうやって管理しているので,ひとつひとつを憶えていなくてもかまわない.次にやる仕事の予定はスケジューラに書いてあるので,いまやっている仕事にだけ集中すればいいのだ.
 
 こうすると,空き時間が一目瞭然なのだ.毎日のスケジュールで始業から就業までの間で空いている部分の合計が,今後のプロジェクトに使える時間ということになる.
 
 理屈では,ね.
 
 抱えている仕事を書き出して,必要な工数を大まかに数えて,それをスケジューラの空き時間に埋め込んでゆく.○月○日~△日まで合計××時間かかる仕事を,羊羹のように出来るだけ分厚く切り分けて,スケジューラの空いた時間にはめこんでゆく.この辺はブロック遊びやジグソーパズルに似ているかな.
 
 で,結局のところ,パズルのピースがたくさん余ってしまった.もう空き地はないのに.
 
 どうしよう.第5四半期が必要になった.
 

« わすれもの | トップページ | 毎日の三原則 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs