« またPDAがへこたれてゆく | トップページ | 忙しい,なんて理由にならない »

2005.02.23

春一番とホリエモン

そら

 今日は春一番.北では吹雪.西を中心に黄砂.あわただしいことだ.
 
 慌しいと云えば,ライブドアの堀江社長とニッポン放送をめぐるフジテレビの動きも慌しいが,ま,放っておこう.そもそもニッポン放送を聞いたことがないし,フジテレビもこの一年くらい見ていない.あっても無くても直接的に困らない.幸か不幸かフジサンケイグループとは関係の薄い生活を送っている.それはライブドアも同じこと.ただし,堀江社長を中心とした動きは,日本に経済的な刺激を与えるであろうから,この事件については私的好意的にとらえている.
 
 ただし堀江社長のインタビューにあった「意思決定プロセスがきちんと働いていないのではないか」( NHKニュース10 )という発言には,氏の認識の甘さがあるといえるだろう.もしかしたら自身でわかってわざと云っているのかもしれないが.
 
 日本のマスコミのほとんどには「意思決定プロセス」と呼べるような仕組みが存在していないのだ.「働いていない」のではなくて「存在しない」
 
 完璧に存在しない――とは云い過ぎかもしれないが,少なくとも堀江社長が考えているような仕組みとしては存在していない.これは確かだ.恐らく氏の考えている仕組みは,経済的な目標を目指して論理的に解法を組み立てて,実践的に現場レベルに落とし込んだ仕事を着実に積み上げる.その過程で,仮説→実行→検証→再仮説というサイクルが回る――というものなんだろう.
 
 氏の考え方には,かなり上流のほうに「顧客価値」という目的があるんだと思う.
 
 「顧客価値」とは,お客様自身が商品やサービスに対して抱く価値のこと.対して,旧来のマスコミのほとんどは,顧客価値よりも「企業価値=企業の存続」というものがあって,それを中心として自家消費的自転車操業をやっているんじゃないか,と思うのだ.一種の閉回路の中を何かが循環していて,その循環にお金が流れ込むような仕組みになっている.その仕組みはどんなものでも構わない.流れ込めばいい.
 
 そのことに気づいて,放送や新聞,雑誌などのいわゆる“マスコミ”から距離を置くようになって久しいが,全然困らない.むしろこれまで大事だと勘違いしていた情報のほとんどが,無用の雑音に過ぎなかったと気づかされた.消費者としてだけ接していたら,おそらくずっと気づかなかったことだろう.
 
 テレビを見たり週刊誌を眺めたりするよりも,春風の暖かさを感じるほうが,ずっと気持ちいいよ.……花粉症にはつらいけど,ね.
 

« またPDAがへこたれてゆく | トップページ | 忙しい,なんて理由にならない »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs