« 心を守るガジェット | トップページ | 正しい買い物 »

2005.02.16

春のみぞれ

鬼門

 間もなく雨水.今年は2月18日らしい.間もなくだ.今朝,玄関を出てみるとシャリシャリと音を立てて(みぞれ)が降っていた.
 
 ここ数日,花粉症の家人が「目がかゆい.出てきた」と云っていたので,今日は少し楽になるだろう,と思いつつ地下鉄の駅に向かう.家人のほうが始業時間が早い.既に1時間前に出かけている.
 
 地下鉄の駅には観梅の誘いのポスターが張ってあったりして,暦ではそろりそろりと春がやって来ているようだが,相変わらず家と会社の間を往復するばかり,外の風を知らぬまま今年も早いことに,ふた月を食いつぶそうとしている.春って何? どこに来るの?
 
 最後に土の香りを()いだのは,いつのことだろうか.
 
 夜,地下鉄の駅から地上に出ると,細かい霧雨に包まれた.あまりにも細かい雨滴は,わずかな風に舞って体にからみついてくる.傘をさしても役に立たない.春雨というには冷たい冬の大気に「凍て返る」という言葉が似合っている.
 
 冬の雨はいつでも静かに哀しい.
 

« 心を守るガジェット | トップページ | 正しい買い物 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs