« 「ネットPRとソーシャルメディア」に参加 | トップページ | 「人間嫌い」のルール »

2007.07.20

w/Mobileに行ってきた

J0010027
 ビッグサイトでのワイヤレス・ジャパン最終日におじゃま。どちらかというとハード主流なんだなぁ、という感想。“ソフトなサービス”領域は変化が激しいし、ネットを使って容易に伝搬できるから、そうなってしまうのかもしれないし、自分がソフト側で活動しているからかもしれないけど、こうやってリアル世界での展示会めいたものをやる理由って、いったい何だろうか。

 身体接触する物理的存在としての端末をアピールできる? どちらかというと、商談のきっかけになるという、金儲けのための対話のはじまりとして存在意義があるのかな、とか考えていた。

 PCエキスポもそうだけど、なんだか後悔が大きい。オレ、何やってんだろ的な後悔。ブツの展示そのものよりも講演とかセミナーとかに意味があるのかな。それだってダイジェストがネットに流れるから、それでイイような気もする。

 ニュース・メディア系サービスのマーケティングという立ち位置から見るから、どうにもピンとこないのかな、とか、いろいろと帰りのゆりかもめの中で反芻していた。

 個人的には WILLCOMが好きなので、“ドエス”( d'es?)とか東芝のキャロットとかは面白かったけど( そうそう、WX321Jのレビュー、遅れてる。そろそろ書かなきゃ )。

 メディア論とかマーケティングをやっている限りでは、短期的なことからは意識して離れているのがいいのかもしれない。本当に重要だと思われることにはお仕着せではなくて、自分からソースに訊ねてゆけばいいのだろう。

 あと2年分くらいは満腹できたかもしれない。

« 「ネットPRとソーシャルメディア」に参加 | トップページ | 「人間嫌い」のルール »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs