« ベタつくシャーペンのラバーグリップをアクリルに交換した | トップページ | Is Twitter Down? »

2009.08.05

ブッダマシーン ( BUDDHA MACHINE )

Imgp3975
ブッダマシーン」ひと言で云ってしまうと、際物(きわもの)といったかんじのガジェットの一種。見た目は昔の安いポケットラジオのような四角い箱で、本体に開いている丸い穴が内蔵スピーカーを予感させるアンビエント・サウンド生成器。

とにかく作りがチープなのだ。手にしたときの安っぽい樹脂の手触りといい、ボリュームやスイッチ類、継ぎ目の仕上げなどを見ると、夜店の屋台に並んでいて、その場かぎりの高揚感に任せてウッカリ買わせてしまうために作られたように見える。日本以外のどこかの裏町にあるいい加減で適当で投げやりな工場で作られたんじゃないか、そんな偏見な感想を抱きそうになる( 実際、そうかもしれない )。

単三乾電池2本で動く。電池蓋なんて2、3回開け閉めしたら壊れるんじゃないか、というかんじ。そうでなくても経年変化で筐体がたちまち壊れてしまいそうだ。これで1個3千円以上もするんだから、Amazonから届いた箱を開いて品物を取り出したときには「やられたっ、だまされた!」と思ってしまった。Amazonで評価が高いし、なんといっても大好きな ambient が電池の続く限り無制限に流れ続ける――というところに惹かれたのだったのが……。

こんなものでも商品として売れてしまうのは、もう、マーケティングの勝利としかいいようがない。とりあえずイアフォンジャックがついているが、残念ながら音はモノラルでサンプリング周波数が極めて低いようだ。それに回路を起源とするらしいホワイトノイズのような音がする。大昔のカセットテープのヒスノイズを思い出した。イアフォンだと粗ばかり感じるので結局スピーカーで流すことになるわけだが、ボリュームを2掻きもするとデシベルについてゆけずに音割れしてしまう。

Imgp3976
ブッダマシーンの最初の型( 写真・赤 )と「2」( 写真・茶 )のふたつを買った。いずれも9種類の音が入っているようだが「2」にはアコースティック演奏らしい衣ずれのような音までも録音されてしまっている。基本的にはデジタル音源で演奏しているようだが、“ベンベン”と弦楽器をかき鳴らして演奏したようなものが含まれている。

ボリュームなど操作系の作りがちゃちで、たぶん組み立て時に狂いが出てるんじゃないかと思われるくらいにボリュームのダイヤルが固い。はずれロットかもしれない、と思いたくなる。充電式の電池はおすすめできない。外装のラッピングを傷つける可能性があるからだ。それくらいに作りが悪い。全般的に商品の基本コンセプトは良い筋をしていると思う。「日本品質」で作り込めばもっとよくなるだろう、と思った。最初は。

だが、2台を自分の左右において流してみると実にイイかんじなのだ。ああ、ambientだ。そうだ。こんな空間が90年ごろには渋谷にあったよな、と思うような不思議な感覚。これは1台だけ買ってもダメだ。2台以上を買って同時に使う、それもチャチな内蔵スピーカーで鳴らすのが良い。もしかしたら旅に持って行くのが正しい使い方のひとつかもしれない。

多少の作りの悪さなんて、気にならなくなった。やっぱりマーケティングの勝利なんだと思う。良い買物をした。際物なんて云ってゴメンな。

公式サイト: http://www.fm3buddhamachine.com/

YouTubeに動画があった。

« ベタつくシャーペンのラバーグリップをアクリルに交換した | トップページ | Is Twitter Down? »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs