« 青いトマト | トップページ | 新聞記事のバラ売りはキーワードによる先物市場を作り出すか »

2009.09.14

新聞記事のバラ売りはブロガーに新しい収入源をもたらす

●グーグル、新聞社向けに小額決済システムを開発中
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20399826,00.htm

Google Checkoutの機能でニュースデータのバラ売りが可能になるとき、「ニュース記事ひとつひとつを追跡する仕組み」があると、Google Checkoutは強力なテキストコンテンツ課金のプラットフォームになる。

「追跡する仕組み」とは、ある記事本文が、どこかのサイトに表示されているとき、その記事を掲載してもよいという権利がそのサイトにあると証明する仕組みだ。たとえばベリサインやセコムのようなSSL証明を取り扱っている企業なら、応用技術としてそのような「掲載証明プラットフォーム」を簡単に作れるはずだ。個々の記事にはすべてユニークな管理番号がついていて、その管理番号に記事の内容と掲載サイトとがひも付けばいい。

いまはどの新聞社もデジタルに記事を管理しているんだから、記事ごとの管理番号を発番するなんてハナクソみたいなもの。しかも記事に修正が入った履歴もすべて記録可能になっている。そうしないとどのバージョンの記事が正しく新しいのかわからなくなるから、ね。すでに NewsML というニュース記事の配信ルールが存在していて、そのような管理を容易にしている。この程度の技術案件をチャチャと片付けられないのだとしたら、それは技術的問題というよりは、新聞社の経営面に問題があるんだと思われても仕方がないだろう。

●NewsML - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/NewsML

記事の管理番号と正しい掲載証明がセットで表示されない記事データは、著作権的に見て違法に使われているとすればいい。記事の一部を改変したとしても、記事内容を言語解析で特定できれば、追跡はかなりの精度で可能になる。もちろんその追跡と特定の際には、引用としての再掲載なのかどうかもチェックされなければ、ブロガーとしては安心して記事をネタとして使うことができないけどね。

エライ人で「そんな管理番号なんてムリだ」とか「言語解析で追跡なんて絵空事だ」という人がいるんだけど、管理番号の場合は古くは聖書のように文章一つひとつにIDナンバーを振るなんてことを人間は実際にやってきている。コンピュータなんてなくても、必要とあらばなんでも可能にしてしまうのが人間のいいところでもありヤバイところでもある。

それから「言語解析で追跡」だけど、記事データベースを使い慣れている人は気づいていると思うが、新聞記事のフレーズというのは記事ごとにけっこうユニークで、長めのフレーズを検索キーワードにすると元記事をピンポイントで見つけることができる場合が多い。たとえば朝日新聞の記事を例にすると――

●サルコジ大統領の周囲は小柄な人限定 見栄え気にして?
http://www.asahi.com/international/update/0913/TKY200909130127.html

――という記事の場合、本文冒頭にある長めのフレーズ "背が低く見えないよう周囲を小柄な人に限定しているとベルギーの"Google検索してやる。すると、このブログを書いている時点では次の2件しかヒットしない( 1件目はGoogleニュースなのでカウントに入れない )。

#
"背が低く見えないよう周囲を小柄な人に限定しているとベルギーの"のニュース検索結果
サルコジ大統領の周囲は小柄な人限定 見栄え気にして?? - 2時間前
【ブリュッセル=井田香奈子】サルコジ仏大統領が視察の様子を撮影される際、背が低く見えないよう周囲を小柄な人に限定しているとベルギーのテレビ局RTBFが報じた。「自分は身長が低いから選ばれた」との証言映像がインターネットで広がったが、 ...
朝日新聞
#
asahi.com(朝日新聞社):サルコジ大統領の周囲は小柄な人限定 見栄え ...
2009年9月13日 ... 【ブリュッセル=井田香奈子】サルコジ仏大統領が視察の様子を撮影される際、背が低く見えないよう周囲を小柄な人に限定しているとベルギーのテレビ局RTBFが報じた。「自分は身長が低いから選ばれた」との証言映像がインターネットで ...
www.asahi.com/international/.../TKY200909130127.html - 2時間前 - 類似ページ -
#
( ゚ペ)ノ top10news headline
2009年9月13日 ... サルコジ仏大統領が視察の様子を撮影される際、背が低く見えないよう周囲を小柄な人に限定しているとベルギーのテレビ局RTBFが報じた。「自分は身長が低いから選ばれた」との証言映像がインターネットで広がったが、大統領府が否定 ...
headline.newsplus.jp/np2.cgi?bbs=top10news&key... - 5分前 - 類似ページ -

つまりオリジナルの記事ページと、それを引用した madzmori.net のページだけだ。リンク先の2ちゃんねるのページでは、文の折り返し位置と文頭の空白が邪魔して追跡できていないが、その辺は検索エンジンの設定でどうにでもなる。自然言語の文章というのは、書いた人やシステムのクセが出て、文章自体が一種のIDとして機能する。

こうやって書いてくると新聞社ばかりが得しそうな感じだが、この仕組みがブロガーの書いた文章データについても利用できるとするとどうなるだろうか。物販やアフィリエイト、広告掲載料とは別に、記事そのものの販売収入がブロガーに直接入ってくるようになる。入金はもちろん Google Checkout から。

まぁ一番儲けるのは、そんなプラットフォームを作り出した Google ってことになるんだろうけど、そんなに悪いハナシじゃないと思う。それとも未踏ソフトウェアみたいなやつで国産プラットフォームをチャチャッと作る……わけ、ないか。

新聞記事のバラ売りが実現したらどんなことが起きるか、もう少し書いてみたい。

(追記)
タイトルが「収入減」となっていたけど「収入源」が正しい。風邪ひいて書くと、いろいろヌケがある。

« 青いトマト | トップページ | 新聞記事のバラ売りはキーワードによる先物市場を作り出すか »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs