« ハロウィーンは遺伝子に刻まれた「略奪」の名残り | トップページ | 世界で一番遠いのは自分の背中 »

2009.11.06

広報活動が完璧なら広告は不要になる、としたら

なんだかまとまらないので、サクッとメモ書き。

【参考】広報活動が完璧なら広告は不要になる
http://twitter.com/KTaro/statuses/4967181100

で敷衍しつつ考えていること。

  • 未来の「広告」とは、コミュニティに対する広報となる。
  • 良質なコミュニティを、いかにして作り育てるか、が焦点となる。
  • 広報機能を持つウェブには、アクセスのしやすさ、使いやすさ、検索エンジンが情報を取り出しやすい仕組みが重要。
  • しかし企業サイトのメディア化、プラットフォーム化は非常に困難。
  • 既存ポータルや検索エンジンを利用するのではなく、企業間アライアンスでのプラットフォーム作り。
  • その時、自前コミュニティを利用した生活シーンへの浸透戦略。
  • 既存コミュニティとのアライアンス。
  • そんな「束ねるコミュニティ」を作れば、企業とのアライアンスが容易に。では、何で「束ねる」?
  • 生活シーン、シチュエーション、ステージという切り口、そしてシナリオというツール
  • リアルとの接点として新聞社系サイトに可能性がある(か?)。信頼性の増幅装置として機能できる、かも。

« ハロウィーンは遺伝子に刻まれた「略奪」の名残り | トップページ | 世界で一番遠いのは自分の背中 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs