« 残りの人生で何人と面接できるか | トップページ | 正月のお節をスクラッチで作ったのは今は昔 »

2009.12.21

歌うスタバの女の子

貧乏なので喫茶店とかには滅多に行かない。加えて、子どもが生まれてからは外食をしなくなった。平日の会社での昼ご飯は弁当を買ってきて自席で食べながら仕事をしている。

しかしながら、きょうは仕事で恵比寿に行ったので、本当に久しぶりにスタバに入った。何年ぶりだろう。

先日のJRの事故のこともあり、早めに行ってガーデンプレイスタワー1階のスターバックスでパソコンを叩きながら待ち合わせまでの時間を過ごしていた。客席には iPod Touchだか iPhoneだかをいじっている人とか、ニンテンドーDSをつんつんしている人とかいるし、自分のPCの無線LANモニタにはずらっと電波のリストが表示されているしで、へぇ~、やっぱ恵比寿とかは違うんだねぇ、なんて感心していた( どこの田舎もん?)。

ガーデンプレイスのスタバは公衆無線LANが使えるらしい。それでツンツンできてしまうわけね。便利な世の中になったもんだ。

で、きょう気になったのは実はそんなことではなく、スタバの店員の女の子が客の注文を復唱するのが、まるで歌をうたっているように聞こえたことなのだ。「コーリング」というらしい。たとえば「トール・ソイ・キャラメルマキアート~♪」のようなやつ。レジで注文を受けた女の子が唱えると、バリスタの女の子が3人(だったかな?)声をそろえて復唱する。なんだか楽しかった。

私のような意地悪な客だと、難しい組み合わせをあらかじめ考えていって注文する、なんてことをやるんだろうけど、でも、たぶん彼女たちにとっては想定の範囲内なんだろう( 練習してるんだろうね )。だから意地悪しない。

« 残りの人生で何人と面接できるか | トップページ | 正月のお節をスクラッチで作ったのは今は昔 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs