« Googleサジェストが日本語IMEを生み出した、かな | トップページ | ACアダプターの規格をそろえるとノートPCがもっと売れる、かも »

2009.12.05

デロンギのオイルヒータにトップハンガー(物干し)を取り付けた

デロンギのオイルヒーターに取り付ける物干しを買った。「トップハンガー」というやつで、オイルヒーターの上部に開いている穴にはめ込んで使う。こういうやつ(写真:クリックすると拡大)。

トップハンガーを取り付けたところ

ことしのはじめにメインの暖房器具としてデロンギのオイルヒーターを買ったのだが、なかなか快適に使っている。ふだんはナショナル(いまはパナソニック)の床暖と合わせて使っているが、床暖をつけなくても 14畳相当の広さでも十分に暖まる。

24時間のタイマーがついているので、朝、目醒める前に点けるようにしたら布団から出るのが楽になった。それに、夕方、仕事から帰ってくる前に点けるようにしたら、帰宅してすぐに上着を脱いで家事ができるようになった。単に暖かいだけじゃなくて、時間の節約にも貢献している。

で、家人が「上につける物干しがほしい」というので、さっそく Amazonで購入。我が家ではデロンギのドラゴン3というタイプを使っているが、これは「X字型フィン」というやつで比較的新しいスタイルらしい。放熱板が9枚ついているが、7枚タイプもあるようなので、購入のときには確認が必要かもしれない。

さっそく取り付けてみたが、悪くない。いまのところ、もっぱら子どもが朝着替えるときに、下着を温めるのに活躍しているが、そのうち冬の雨に濡れた手袋を乾かすなんて場面でも活躍するだろう。

2歳半の息子は、ホカホカに温まった下着を身につけて「お風呂みたい~」と喜んでいる。

取説1

作りはいたって簡単。取り付け具はプラスティック製で、そこに金属の棒を差し込んで使う(説明書の写真を参照)。だから、この物干しを握ってデロンギ本体を移動するとか持ち上げるなんてことはできないし、小さな子どもから見るとちょうど良い握り棒になるので、ぶら下がったり引っ張ってひっくり返したりしないように気をつける必要がある。ご注意を。

ま、使わないときには抜いておけばいいんだけどね。

寝る前に厚手で大きめの乾いたタオルをかけて温めておけば、布団の中で湯たんぽ代わりになるね。

取説2

DeLonghi オイル・ラジエーターヒーター用トップハンガー(新X字型フィン用) 天板無し TD-7FD

« Googleサジェストが日本語IMEを生み出した、かな | トップページ | ACアダプターの規格をそろえるとノートPCがもっと売れる、かも »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs