« XML::FeedPP で複数のカテゴリがあるときはネスト対応する | トップページ | タブレットで文字色でなくリンクを示すにはどうしようか »

2010.08.22

紙の書籍に最初から“自炊”データ付けて売っちゃえよ

紙の書籍にデジタルデータをつけて販売するとき、本当の読者を識別するにはどうすればいいか、を考えた。

デジタルデータはインターネットでウェブブラウザを使って閲覧・ダウンロードできるようにしておく。そのとき、「このユーザは確かに本書を購入した読者である」を“ほぼ確実に”識別する方法だ。簡便な方法として、書籍に印刷されたコード番号をユーザがブラウザから入力する、というのが考えられる。

このとき、コード番号がネットの掲示板なんかに晒されたら、コード番号の本来の意味がなくなってしまう。では、どうするか。

一つ考えられるのは、書籍に印刷するコード番号を一冊ずつ変えておく、という方法。この方法だと書籍本体にコード番号を印刷するのは難しいだろう。だからカバーの裏側なんかに印刷する方式になる。そのユニークなコード番号は、ネットでの認証では1回しか使えないようにしておけばいい。

ただし、カバーを汚損などで失ったときには使えなくなる。そもそもカバーの裏側にユニークな番号を印刷するという工程でコストが増える。

そこで、考えた。

書籍の全ページにランダムでユニークなコード番号を印刷しておけばいいんじゃね?
Imgp5781

各ページにコード番号を印刷しておく。これは版下の段階で決めてしまう( 自動で )。つまり、出版された書籍には全く同じ組み合わせのコード番号が掲載されていることになる。そして、ネットでの認証で、「○○○ページのコード番号を入力してください」の質問に正解しないと閲覧やダウンロードのサービスを受けられないようにしておく。

たとえば、各ページの上下にランダムでユニークなコード番号を印刷したとすると、300ページの本の場合 600パターンのコード番号が載っていることになる。でもって、ネットでの認証での質問を 2個のコード番号を組み合わせて正解しないとパスできないようにしておけば、600×600=360000パターンの認証に使えるというわけだ。30万部売れそうな本だったらこれで十分。3個の組み合わせにしてやれば600×600×600=2億1600万パターン。こんなに売れる本はないだろう、ね( 暗算できなくて電卓出しちゃったよ )。

「○○○ページの上(下)のコード番号を入力してください」を 3回ということ。

ネットに晒すとしても、600パターンをページとの対応表でリスト化しないといけないのでコスト的に見合わないだろう。OCR読み込みが難しいように淡色で印刷するとか、ちょっと変わった字体にするとか、コード番号を縦書きだったり横書きだったりとか変えて難読化しておけばいいかも。

出版社側は、印刷前の版下データでコード番号の一覧表を持つことができるから、閲覧・ダウンロードのサイトでの認証システムなんてのは簡単にできそうだ。出版と同時にウェブでのサービスをスタートさせやすい。

こういう方法を使ってやれば、紙書籍→電子書籍への時代の変化にソフトランディングできるんじゃない? “自炊”なんて面倒なことしないで済むし、読者的には歓迎なんだけど。

※300ページの場合、正確には2正解型で 600×599=359400通り、3正解型で 600×599×598=214921200通りなんだけど、ま、膨大な数をまかなえるということで。

【追記 2011/01/21】
参考: 「自炊の森」が店舗再開 大手出版社、自炊業者に対抗策も - ITmedia News
あ~、もう、いつまでこんなとこでガタガタやってんだ、という気分です。ていうか、「FREE」な世界に移行するだけの何かが決定的に欠けてるのかなぁ、と。

« XML::FeedPP で複数のカテゴリがあるときはネスト対応する | トップページ | タブレットで文字色でなくリンクを示すにはどうしようか »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs