« 自分を越えて、意味を見つけ出すこと。それが人かもしれない | トップページ | ダイヤブロックジュニアの車輪を増強してみた。 »

2011.03.20

私たちはもっと先にゆかねば。

無用な自粛はすべきでない、消費を止めるべきではない、という意見は良いんだけど、「普通の生活に戻ろう」とか「いつもどおりに楽しもう」というのは能がないと思う。「普通」とか「いつも」に戻るんだったら、結局もとの“不景気”に戻るだけじゃんか。それよりも、もっとその先にゆくべきじゃんか、と。

そんな「普通」を語る人は、おそらくこれまでうまい汁を吸ってきたから、「これまでどおり」の「普通」に戻りたいんだろうなぁ、と意地悪く考えてしまう。「これまで」以上に進んでしまったら、「これまで」の自分のシステムが通用しないかもしれないから。そんな人達は「これまで」に均衡してもらいたいんだろうなぁ、と思うのだ。

一部の有名な人達がそんなこと云っていて、表向きは正論だから概ね賛成なんだけど、でも、どうしてもオカネ臭いんだよね。均衡点を無理やり自分の所に持ってこようとしているんじゃないか、と勘ぐりたくなる。その点、私のような無名の人間には、均衡点を合わせるような“質量”はないから、何を云っても無害。

巷には自粛ではなくて「萎縮」とか「縮退」する傾向があるけど、それは目立ちたくない、叩かれたくないという意識の裏返しなんじゃないかな、と。「これまで」を維持したいのかな、と。

私が目指したいのは、被災した人達の苦労とか努力とかそれを助ける人達を応援したり支援するのを否定することじゃなくて、自分にできることを精一杯やるということ。

自分に出来もしないことなのに、無理やりしゃしゃり出て、一所懸命に頑張ってる人達を邪魔することは支援とか応援ではない。単なる押し売りと変わらない。恩を押し売りして自己満足を得ようというのは、「萎縮的自粛」でやり過ごそうというのと動機の深いレベルで同じなんだと思う。

つまりは、「これまで」の「普通」のレベルを保ちたいということで、云ってみれば思考停止のスタイルなんじゃないかな。

間引き運転で超満員の電車に乗って無理して会社に出て行くとか、あわてて自転車買って駅前の病院前の歩道に乗り捨てて通勤しちゃうとか、根は同じなんだろう。「これまで」とか「普通」を信頼している限り、元の不愉快な毎日に戻るだけだと思う。不愉快で不景気な日本に。

私たちはもっと先にゆかねば。

« 自分を越えて、意味を見つけ出すこと。それが人かもしれない | トップページ | ダイヤブロックジュニアの車輪を増強してみた。 »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs