« カタログの おせち料理が全然うまそうじゃない | トップページ | iPhoneのホームボタン不調を吹き飛ばした。 »

2012.04.26

「トイレの番頭さん」システムのアイデア

覚え書きメモ。クリエイティブコモンズだかオープンビジネスモデルだか何だか知らんけど、とにかく公開しとこ。誰か作ってくれないかな。サイバーエージェントのモックプランコンテストにでも出そうかしらん。


  • すべてのトイレにバーコードを。

  • まずは「トイレの番頭さん」システムがトイレの個室ごとにユニークなバーコードを発行する。

  • バーコードがトイレの個室に貼られる。( ところで、世界にはモブとかゲリラとかボランティアなんて言葉があるね )

  • トイレの利用者(=ユーザ)は「紙が無い」「汚れてる」などをバーコードとともに「トイレの番頭さん」に投稿する。

  • 「ここはキレイで好き」とか「設備が最新で気に入った」「空いてて良い」などポジティヴフィードバックもあり。

  • 「トイレの番頭さん」システムが投稿を場所別、時間別など様々な軸に束ねて管理する。

  • 施設管理者(=大旦那 )は専用の管理画面からバーコード貼付の設備について投稿をチェックできる。

  • つまり大旦那は番頭さんからオーソライズされているわけで、持ちつ持たれつ。( 有料でオーソリ )

  • オーソリ済みのトイレの入口には「トイレの番頭さん」ステッカーが貼られるのでユーザは安心。( 世界初のトイレ認証局?)

  • ユーザには「今日のトイレ情報」とか「健康ワンポイントアドバイス」なんてメルマガをお届け。


なんのことはない。私自身が「あったらいいな」と思うサービスなわけです。Googleマップとかフロアマップとかで簡単検索できたら、危急の折に大変便利かと。

« カタログの おせち料理が全然うまそうじゃない | トップページ | iPhoneのホームボタン不調を吹き飛ばした。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs