« きょうの朝食/ 目玉焼きとハム | トップページ | きょうの朝食/目玉焼きとベーコン »

2012.05.21

金環日食

金環日食

有史以前、人々はどんな思いで見たのだろうか。
家族で互いに寄り添いながら、恐れながら見たのだろうか。
恐ろしくて、洞穴に逃げ込んだのだろうか。
恐れとは何か。

今朝は、息子と家人は「保育園で見るんだ」と早々に出かけ、家事のある私は自宅に残って一人で見たわけですが、やっぱり親子そろって見ればよかったかなぁ、と思いました。
何の現代科学的予備知識もない時代、ふと見上げた空に、普段とは異なる太陽を見たとき、ご先祖様たちはどんな思いだったんだろう。
たとえ恐ろしげな出来事であっても、思いを共有してたんだよなぁ。

“いま”を家族と共有せず、自宅で皿洗ったり掃除したりを優先して“時刻表”に負けてしまった私は、少し後悔しています。

« きょうの朝食/ 目玉焼きとハム | トップページ | きょうの朝食/目玉焼きとベーコン »

ウェブページ

フォト

hide module-header

redirect to tafworks.com

GglAnlytcs